Flower〜個であり和であり〜

このテーマにした意味は、花には個性的な色があります。しかし、その色を束ね花束にしても決して互いに争うことなく、とても綺麗に個性を発揮し、私達を感動させてくれます。私達人間も同じで個性がありその人の色、その年代の色があります。この大学祭ではそれぞれの個性を活かし各団体の色をだしてもらいたいと思っています。

 “和”という漢字を使った理由は「仲よくする」「争わない」などの意味があります。

これらの意味を理解し、参加する皆さんが一手一つとなり天理大学の花束を築いて欲しいと思い、このテーマにいたしました。